ご利用のシーンに合わせて大切にしている心を形にするウエア&グッズをご紹介します。

心を形にしたスタイル選びのポイント

  • カラー
    イメージしているカラーはありますか?
  • キーワード
    大切にされているキーワードはありますか?
  • イメージ
    どんな雰囲気をイメージしていますか?
  • 立居振舞い
    どんな立居振舞いをイメージしていますか?

カラーで選ぶ ⇒ イメージされているカラーはありますか?

  • グリーン
    グリーンは自然・再生・平和・調和を象徴する色で、癒し効果のあるリラックスできるカラーといわれています。
  • ピンク
    ピンクは温かみ・愛情・可愛らしさを象徴する色で、柔和な印象の優しさを感じられるカラーといわれています。
  • ブルー
    ブルーは冷静・知性・爽快を象徴する色で、沈静作用があり爽やかな印象を与えるカラーといわれています。
  • ベージュ
    ベージュは落着き・安らぎを象徴する色で、優しくリフレッシュさせる思いやりのあるカラーといわれています。
  • イエロー
    イエローは明るさ・幸福・躍動を象徴する色で、表情が豊かでコミュニケーションの取れるカラーといわれています。
  • パープル
    パープルは高貴・神秘・優雅を象徴する色で、平和と静けさをもたらす力があるカラーといわれています。
  • オレンジ
    オレンジは陽気・元気・楽しさを象徴する色で、気さくな印象を与え、活力に満ちあふれたカラーといわれています。
  • ブラウン
    ブラウンは重厚・堅実・安定を象徴する色で、赤色の温かみのある要素を持った頼られる存在のカラーといわれています。
  • ブラック
    ワインは芳醇・高級・成熟を象徴する色で、感性を豊かにし、落ち着いた大人の雰囲気が漂う充足感で満たされるカラーといわれています。
  • ホワイト or ライトブルー
    ホワイトは清潔・純粋を象徴する色で、色味を持たず、光の反射率が高いので、どんな色も引き立ててくれる、信頼されるクリーンなカラーといわれています。

キーワードで選ぶ ⇒ 大切にされている言葉(キーワード)はありますか?

  • グリーン
    癒し・自然体・身をゆだねる・リラックス・くつろいだ・ナチュラル・自然派志向・心安らぐ・包み込む・調和
  • ピンク
    優しさ・清楚・上品・控えめ・フェミニン・まろやか・好感度・柔らか・ふんわり・かげりのない
  • ブルー
    知的・気品・透明感・爽やか・クール感・キレイめ・キチンと感・シャープ・冷静・凛とした
  • ベージュ
    気配り・心遣い・おもてなし・ホスピタリティ・思いやり・さりげなさ・献身的・寄り添う・感謝・穏やか
  • イエロー
    明るい・笑顔・家庭的・親近感・ポップ・キュート・健康・元気・幸福感・開放感
  • パープル
    華やか・エレガント・優雅・フォーマル・ハレの日・ときめき・輝き・リッチ・キラキラ感・格調高い
  • オレンジ
    やる気・団結力・チームワーク・活気・活動的・アクティブ・スポーティ・カジュアル・連帯感・絆
  • ブラウン
    力強さ・ワイルド・頼りになる・たくましさ・マニッシュ・リーダーシップ・安定感・重厚感・熟練・強い心
  • ブラック
    落ち着き感・スタイリッシュ・都会的・スマート・大人の雰囲気・ロマンチック・風格・シック・洗練された・充足感
  • ホワイト or ライトブルー
    信頼感・安心・安全・清潔・衛生的・誠実・誇り・上質・正確・純粋

イメージで選ぶ ⇒ どんな雰囲気をイメージしていますか?

  • ナチュラルでリラックスしたイメージ
  • 柔らかでふんわりしたイメージ
  • 知的でクールなイメージ
  • 心配りのある穏やかなイメージ
  • 元気で明るいポップなイメージ
  • フォーマルでエレガントなイメージ
  • ワクワクするアクティブなイメージ
  • 力強く頼りになるイメージ
  • 洗練されたスタイリッシュなイメージ
  • 誠実で安心感を与えるイメージ

目的で選ぶ ⇒ どんな立居振舞いをイメージされていますか?

  • グリーン
    優しく包み込むようなリラックスできる対応で『心の癒し』をお届けする
  • ピンク
    好感の持てる物腰の柔らかな対応で『優しい心』をお届けする
  • ブルー
    知的で凛としたこころよい対応で『爽やかな心』をお届けする
  • ベージュ
    気配るのある献身的な対応で『思いやりの心』をお届けする
  • イエロー
    親近感の持てる明るい健やかな対応で『幸せな心』をお届けする
  • パープル
    気持ちが高揚する華やかな対応で『心の輝き』をお届けする
  • オレンジ
    躍動感のあるハツラツとした対応でワクワクする『楽しい心』をお届けする
  • ブラウン
    力強くシッカリとした対応で困難にも立ち向かう『頼もしい心』をお届けする
  • ブラック
    落ち着きのある洗練された対応で『心の充足』をお届けする
  • ホワイト or ライトブルー
    安心して任せられる誠実な対応で『信頼の心』をお届けする

ユニフォーム選びのポイント

ユニフォーム選びのポイントは、どんな雰囲気のお店や会社でお仕事をされていて、その雰囲気の中でスタッフやお客様がどのようにコミュニケーションしているかをイメージして、その雰囲気に合った装いを選んでいただくのがベストです。

ただ漠然とユニフォームを考えようとすると個人の趣向に偏ってしまうので、選定する指標が必要になってきます。
その一つの指標として、「カジュアル」「フォーマル」のバランスを考えてカジュアル寄りなのかフォーマル寄りなのかをイメージして、カジュアルとフォーマルを程よくミックスしてきれいめにまとめていくのがお勧めです。

また、もう一つの指標として「クール」「ホット」を考えていくのも良いと思います。
「彼ってカッコいいね」を英語で言うとhe is cool となりますが、もう一つの言い方としてhe is hotという場合もあります。
coolもhotもどちらも同じ「カッコいい」という意味となりますが、hotの方には魅力的や情熱的といった意味合いが含まれていますので「クール」寄りか「ホット」寄りかで『カッコよさ』を見ていくのも良いと思います。
そうしたイメージをユニフォームに落とし込んでいく場合に大切な要素として「カラー」・「シルエット」・「デザイン」があります。

「カラー」を選ぶ際に気をつけたいポイントは、色の持つ意味やイメージがありますのでそれを参考にしてカラーを選んでいくのが良いと思います。 ただしカラーを多く使いすぎないことで、カラーを多く使えば使うほどカジュアル感が増していきますが、多くても3色までに抑えるようにするとまとまりが良いと思います。
失敗しないようにするにはモノトーンをベースにして一色プラスするとまとまりやすく品のあるコーディネートになります。

「シルエット」で気をつけたいポイントはサイズ感で体に合ったサイズを選ばないと細身のデザインでも服に着られている印象になってやぼったく見えてしまいますのでジャストサイズを選ぶようにしてください。
また、「神は細部に宿る」とも言われますが、「デザイン」で気をつけたいのは先端部分で、袖や裾や首まわりの先端部分は視線が集中するので重要なポイントとなります。
袖や裾の長さが長すぎたり短すぎたりするとせっかくのデザインが台無しになってしまいますし、ネックラインの空き具合でも与える印象が違ったり、フォーマル寄りにするなら衿つきのデザインにしたり、衿周りにボリュームのあるデザインを持ってくると小顔効果を発揮してスマートに見えたりもします。

上下コーディネートする場合にも注意が必要なポイントがあります。
コーディネートはトップス(上着)に注目が集まりそうですが、「ボトムスが全体のスタイルを左右する」と言われています。
ボトムスは印象を整える役割があり、ボトムスをフィット感のあるスリムなシルエットにしておくとトップスがゆったりしたシルエットでもYラインのきれいめなシルエットを作ることができます。
もちろん上下スリムなシルエットにすればスマートなIラインのきれいめシルエットになります。
スリムなボトムスの場合にも注意が必要なのはパンツの裾にクッション(たわみ)を多く作ってしまうとカジュアルな要素が出てきれいめな印象が薄れてしまうので軽くたわみが出るくらいのハーフクッションくらいがお勧めです。

「カラー」・「シルエット」・「デザイン」の要素をイメージしつつ「カジュアル」「フォーマル」の指標と「クール」「ホット」の指標を組み込んだマトリックスを使って考えると、お店や会社の雰囲気にピッタリのオシャレに着こなせるユニフォーム選びができますので参考にしてください。

マトリックス

その他のご案内

  • 初めての方へ
  • サービスのご案内
  • 疑問・お悩み解決 Q&A

大切にしている心を伝える

大切にしている心を伝える「装い」「立居振舞い」ってどんなの?

» 詳細を確認する

心を伝えるウエア&グッズ

ご利用のシーンに合わせて心を形にするウエア&グッズをご紹介します。

» 詳細を確認する

想いを届けるプリント&刺繍

大切にしている心をメッセージにして伝えると、自然と心が伝わります。

» 詳細を確認する

心を伝えるお仕事スタイル

お仕事のシーンに合わせて心を形にするスタイルをご案内します。

» 詳細を確認する

ページの先頭へ